探偵社の選び方・名古屋|浮気調査/興信所/人探し/離婚/結婚調査/盗聴器発見/不倫/探偵 愛知

探偵社の選び方 by Galu Agency

探偵業法に対応した愛知県名古屋市の優良探偵社をご紹介します。


大切な悩みの解決こそ、失敗できない。 確かな探偵社選びが、悩み解決の第一歩です。
名古屋の探偵社選びで困った時は、このサイトを見れば名古屋の優良探偵社に巡り合えます。

名古屋の探偵興信所選びに必要なチェックポイント!


料金表示が安すぎませんか? 報告書や現場写真など証拠を見せてくれますか?
調査の成功失敗の具体的な条件を教えてくれますか? 事務所所在地・代表者氏名を公開していますか?
調査のリスクも説明してくれますか? 細かい料金説明をしてくれますか?
調査に対しての知識がありますか? 土地勘がある業者ですか?
電話で社名を名乗りましたか? 面談をせずに入金を促したりしませんでしたか?
調査がどんな風に行われているかが分かる!優良探偵社の調査報告書サンプルはこちら CLICK

ヘッダー
ライン 料金表示が安すぎませんか?
フッター

探偵の答え 広告の見出しに「1000円から」「1日1万円から」と謳っているものをよく見かけるようになり ました。
ついつい私達本物の探偵でさえ「安いっ」と思ってしまいがちです。
どうすればそんなに安くできるのだろう…?と。
しかし、こういった広告につられて契約をしてしまい、調査終了後に高い別途料金、聞いていな い経費、報告書作成代金等々いろんな名目で請求され、トラブルになるケースが後を絶ちません。

名古屋で探偵社に調査を依頼するというのは、人生にそう何度もあるものではありません。
「安かろう悪かろう」では必ず後悔します。
どのような調査プランで見積もられているのか、しっかり確認しましょう。

上に戻る
フッター

ヘッダー
探偵選び方の質問 報告書や現場写真など証拠を見せてくれますか?
帯

答え

探偵にとって唯一の「商品」として手元に残るのは調査報告書です。
また、依頼者様は調査報告書でしかどのような調査をしたか確認できません。
報告書を出さないような探偵社は、本当に調査をしているかさえ不安になります。
また、報告書作成に別料金がかかるのにそれを事前に説明してくれない事もあります。
面談の際には報告書のサンプルを見せてもらい、どんな映像が欲しいか伝えましょう。

上に戻る

調査の成功失敗の具体的な条件を教えてくれますか?

「成功報酬」の「成功」って具体的には何を指すのでしょう?
調査が万一失敗したときはどのように対応してくれるのでしょう?
調査は人が行う以上、100%はありません。
ちゃんと調査していても不可抗力で調査を打ち切る場合もありますし、また、残念ながら依頼者様が原因で失敗する事もよくあることです。(依頼者様と対象者がケンカをして、調査をバラしてしまったり等)
失敗の具体例や万一の対応(再調査や返金等)について、事前に説明してもらえる探偵社を選びましょう。
上に戻る

事務所所在地・代表者氏名を公開していますか?

一見、忘れられがちになってしまう事ですが重要です。
・実は事務所がない。調査事務所の実態が無いというケースです。
・トラブルになった時に調査事務所来られては困る。
・転送電話等で事務所があると思わせている。
何れにしても、公開しない理由は相談者にとって有益なものでは無いことだけは確実です。
まずは調査事務所の所在地を聞いて、そこでの相談が可能か尋ね、しっかりと信用できる会社かを確認した上で相談する事をお勧めします。
上に戻る

調査のリスクも説明してくれますか?

どのような調査であれ、人間が行う以上リスクはつきものです。
尾行調査で調査発覚というのは論外ですが、全ての調査が思い通りに進むという事はありません。
行動調査なら行動調査なりの、行方調査であれば行方調査なりのリスクをきちんと説明するか否か、その際の調査料金はどうなるのか、その部分も良い探偵社を選ぶ基準となされてはいかがでしょうか。
上に戻る

細かい料金説明をしてくれますか?


30万円の調査なのに、延長料金と必要経費が必要とされ200万円の請求が来た。

名古屋の探偵社でのトラブルで最も多いのがこのケース。
契約金額に諸費用が含まれているのか?
含まれていないなら幾ら必要になるのか?
無駄な延長はしないのか?
無断で延長料金が発生しないのか?
細かく聞き、発生するのであれば契約書に明記しておく必要があります。
後になって「調査報告書が有料」「写真・ビデオテープは別料金」等、普通では考えられない追加料金を請求されトラブルになるといったケースが報告されています。お気をつけ下さい。

上に戻る

調査に対しての知識がありますか?

必要な調査に対し、どのように調査に取り掛かるのかの説明があるのと無いのとは大違いです。
例えば暗闇での撮影はどのようにしているのか。
尾行調査で2輪が使用可能なのか。(機動力の面では必要不可欠)
行方調査でどのようなことから取り掛かるのか。
その調査会社の実力を知ることが良い調査会社、良い探偵社を選ぶ秘訣なのかもわかりません。
上に戻る

土地勘がある業者ですか?

探偵 にとって調査を行う土地での土地勘の有無はしっかりとした調査結果を得るために必要不可欠なものです。地元業者のはずなのに地名さえ知らない・読めないというのでは、調査に支障をきたす恐れもあります。
中には地元から旅行先・出張先への移動といったケースもあり、急に地元調査員を導入するといった必要性に迫られることもあります。全国に調査員を擁する調査会社を内容によっては選ぶ必要があるといえるでしょう。

上に戻る

電話で社名を名乗りましたか?

「はい、相談室です。」「はい、調査会社です。」と社名を名乗らない

探偵社が大手にもあります。これは昔から

探偵社が使う不当な広告で、複数の名称を使って同一箇所で電話を受けている可能性があります。

違う会社名が複数あり、転送により1つの会社で電話を受けているケースです。

上に戻る

面談をせずに入金を促したりしませんでしたか?

調査の見積もりは詳しく依頼者様のお悩みを聴き、綿密なプランニングをして初めて出せるものです。
まして調査は高額の料金がかかります。
実際にお目にかからず入金を促すようなところは、最も注意しなくてはなりません。
入金後に連絡が取れなくなってから慌てても遅いのです。
実際にお会いした上で、会社の信用性、担当者が信頼出来るかどうか面談にて見極めた上で依頼を考えましょう。
上に戻る